Blogブログ

「入るデニム」から「着こなすデニム」へ

猛烈すぎる猛暑が過ぎ去り
デニムも履いて楽しめる気候になってきましたね!

秋冬のコーディネートに向けて
新たに購入したデニム↓

私は身長が156センチ
体重が44kg〜45kg内をうろちょろ

日本の平均的なタイプだと
思い込んでいたのですが
小さいというかコンパクトサイズだということに
最近気がついたという…

いろいろお店を回って、試着して
なんなら、別日にまた同じものを着てみたり

気長に探していて見つけたもの

こちらはBAYFLOW
ショッピングモールなどに入っているお店です

ボーイズデニムテーパードパンツ
サイズは22
22〜26まであります
なかなか合う服がないのは、骨格タイプが『ストレート』だった!
というだけではなかったということ

8月後半から探している『黒デニム(グレーも可)』予算は1万円以内

実際に試着までしたお店はサイズ展開が多く、小さいサイズもある
ZARAやmoussy、AZLU by moussy、GAPなど
ぱっと寄ったお店は20件くらいだと思います

秋冬は、ニットにアウターに
着丈が長く、厚手の素材が多いので
細身のデニムを探していました

骨格タイプ「ストレート」の私は、重ね着、身体のラインが全く見えないと
野暮ったくなったり、幼い印象になります

ですが、細身でストレッチが入っていないデニムは
予算内では見つかりませんでした

幅を広げてストレートデニムも可に!

日本のブランドは流行に合わせてフラットシューズ、スニーカーに合うように短めの丈が多い

テーパードパンツといえば、太ももがゆとりがあり、裾へ向けて細くなる形ですが
こちらの履いた印象はストレート

色の抜け感も適度でダメージもないものなので
カジュアル過ぎず、コーディネートを楽しめそうです

↓GUのデニム  
左が今期購入したハイウエスト ストレート  右が昨年購入したスキニーシガレットジーンズ
共にSサイズです(どちらも2,490円+税金)

今期は、ノンストレッチ(ストレッチがない)デニム
生地も厚手で、デニムって感じのデニムです

昨年のものは薄手でストレッチが効いています

ぱっと見で真正面からだと右(昨年の方)がすっきり見えるでしょうか?

ストレッチが効いて、薄手のものは基本的に「ウェーブ」がお似合いになるデニム

ボディーラインに元々メリハリのある「ストレート」は
ラインを拾いすぎると着太りしたり安っぽい印象になります

アウターをまだ着ない時期、夏は基本的にスキニーパンツは履きません

横から見た時↓

骨格的にヒップ位置が高めでメリハリがあるので
横から見た時は
左の今期のデニムがヒップ周りは細く見えませんか?

今期のデニム丈はフラットシューズでも
ギリギリ床につきません

ウエストは、ゆとりがありますが腰骨の位置の生地のラインの拾い方は
ピッタリ過ぎず、ゆったり過ぎず、適度だったのでこちらのSサイズにしました

『合うデザイン』
『合うサイズ(丈、幅)』
『どんな洋服に合わせるのか』

そんなところを細かくこだわって
時にはお直しすることによって
同じアイテムも着こなしが全然変わってきます

ただ入ればいいという考え方から、「着こなす」へシフトしてみてください

このサイズ感は最初自分ではよくわからないと思うので
同行ショッピングを受けて頂くとよくわかります

ちなみに今期のGUのハイウエストストレートデニムは流行の形です

ハイウエスト→ウェーブの要素
トップスをコンパクトにする(リブニット)
ブラウス、オフショルダーのものを合わせる
細いウエストベルトを付ける

ハリのある素材、形がストレート→ストレートの要素
コンパクトなものでもゆったりしたニットでも合います
スニーカーよりパンプスの方が合います
スニーカーを合わせる場合は、Vネックのニットなどで
地肌が出るところを作ると良いです

ハリのある素材、形がストレート、デニム→ナチュラルの要素
ゆったりしたニットやシャツなどを合わせると良いです
スニーカーでもお似合いです
トップスをコンパクトにする場合は大ぶりのアクセサリーを
付けると素敵になります

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事