Blogブログ

洋服を着こなすのが難しい日本人だかこそ 所作、姿勢でカバーせよ

広島 骨格診断 パーソナルカラー診断
パーソナルスタイリストの宮本彩です。

 

 

1月から学び始めた着物の着付け。

着るから始まって、
着付けるようになりました!!!

と言いたいところですが
とにかく何度も着付ける、着る練習中です。。。

 

着物用のマネキンを購入し、子供部屋に。
まだ、遊ぶだけの空間なので、
それをいいことに使っています。

 

 

実際に機会を頂いて着付けもさせて頂いたりして
着物という種類の服が着れる、着付けれるようになると
こんなに世界が広がるんだ!という感じ。

 

多国語を習得るのと似ているかも。と思いました。

 

新たなツールや技術、知識が増えると
今まで見ていたものも、ちょっと違った視点でも見れるようになります。

 

なので、着物を習い始めてから
コートの紐の扱いや抜き襟も
格段に上手になった感じがします(笑)

 

 

着付けを学び始めて一番の習得部分が…
所作です。

着付け講師をしてくださった
川手直美さんから、着物を着るときも、
しまう時も、車を乗り降りするときも、
きちんと根拠に基づいて教えてくださいました。

 

実際に着ものを着ていたら
大股では歩けないし
姿勢が良くなければ、キレイに見えない。
物の扱い方も美しくないと
着物に似合わない。

 

スタイリストになって
気を付けているものの、動きが小忙しく、猫背。
残念な感じですよね。

ですが、少しずつ改善されつつあります。

 

日本人の美しさは
着物だけではなく、
お会いする方への心遣いの着物(服)選びと
それに伴った所作。

 

 

体型、骨格的に西洋人と比べて
洋服を着こなすのが難しい日本人だかこそ
所作、姿勢でカバー!!!!!

丁寧に動作をする。姿勢をよくすることで
洋服の着こなしも随分と変わると思います。

 

 

そして、とっておきの洋服に出会って
着用したら、背筋が伸びます。

 

これ、わたしに合ってる?変じゃない?
という気持ちが姿勢や所作に出ています。

そういった思いから解放されてみてください。

Lesson menu

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事