Blogブログ

自分の容姿が好きじゃないんだったら、どんどん鏡を見ましょう

広島 骨格診断 パーソナルカラー診断
パーソナルスタイリストの宮本彩です

 

皆さん、ご自分の容姿は好きですが?

公言出来るくらいの方は、少ないかもしれません。

 

私は、今は自分の容姿がとっても好きです。

 

理由は、自分がイメージする「美しい」までの伸びしろが半端ないからです。(笑)

 

「どんだけ伸びしろがあるん?」とか思うと笑えるし、ワクワクします!(笑)

 

 

でも以前の私は、違います

鼻と口が離れている。
眼と眉毛の間が遠い。
目が小さい。
ダサい。
背が低い。
胸がない。
ぽっちゃりしている。…要約するとなんてブサイクなのかしら?です。

自分の見た目が嫌すぎて、
鏡も必要最低限しかみないし、写真にも写りたくない。
見ない!!!

 

小学生3年の時から思っていました。

小学生ですから、見た目での努力の方法が全く分からなかったので
早々にやさぐれていて、
「こんなブスはオシャレしたところでブスじゃ」みたいな感じで
地味な恰好、パンツばかりを履くようにしていました。

だけれども、高校生になり、メイクを覚えたときに
「可愛くなれるかも!?」と兆しが見えて、少しだけ
自分の容姿が好きになってきたことを覚えています。

 

どれだけ、自身の容姿が嫌で
自身が見る事をやめたとしても
自分の周りの人は、ずっと視界に入れている。見ているんです。

自身が見る事をやめたとしても
周りの人は、見る事をやめる事が出来ません。

 

極端な言い方ですが、ブサイクが視界に入って
気分が良くなる方なんてほぼいないと思います。

自分だって嫌で見ていないんですからね(笑)

相手の立場に立って考えた時に
やはり、必要最低限の清潔感はあるようにしておきたいですね。
↑これすら放棄してしまっていたら、結局は、「周りの方を大事に出来ていない」と捉えれます。
知らず知らずのうちに、相手にダメージを与えている可能性があることに気づいてください。
(特に中年以降の男性に知ってほしい)

 

 

ブサイクという言葉の意味も私の中で変わりました。
容姿が美しくないさま。ではなく
自分と向き合おうとせず、努力もしないさま。

という意味になっています。

 

きちんと鏡を見て、どこを変えたら、活かしたら好きな部分になるか、客観的に分析して
実行してみてください。

 

鏡は、確認をするためのもの。
沢山見てください!そして好きな部分、可愛いと思う部分が出来たら
もっともっと見てあげてください。

 

見た目は気にしない!←だけれども周りの人はあなたを見ないといけない。

 

これを忘れないようにして頂きたいと思っています。

 

Lesson menu

 

 

 

 

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事