Blogブログ

オーダージャケットから得れるもの

広島 骨格診断 パーソナルカラー診断で
あなたの可愛いとハッピーを叶えるファッション提案
パーソナルスタイリストの宮本彩です

 

広島のテーラー(仕立て屋さん)THE MY WAYの
清水マコトさんにスーツのオーダーの依頼を1月にさせていただきました

清水さんは昨年に創業サポートをしてくださる友安さんという方からご紹介いただきました

普段の仕事でスーツを着ることが今の所ほとんどなかったため
タイミングを考えていたのですが

今年に入って「ステップアップしたい」

そんな風に思うようになり「ステップアップした先の人たちに会える自分になる」ための1歩として
依頼させて頂きました

 

 

私は骨格ストレートタイプなのでジャケットは得意なものではあるのですが
似合いすぎる。はまりすぎる。隙が無いというイメージですかね?

フォーマルスタイルやコンサバティブなスタイルが好きだったり
仕事でスーツをいつも着る場合は違和感がないのですが
私は基本的にカジュアルスタイルなので上下のスーツだと保険会社の人のようになります

 

 

パンツスタイルで合わせる事が多いということや
デニムなどでカジュアルダウンすることが多いということもお伝えしながら
細かくサイズを測ってくださりジャストフィットな仕上がりです

仕立てて頂く前の打ち合わせでは、雑誌やスタイリングブック、手持ちのジャケットを持参しました

チェック柄ですが遠目に見たらグレーに見える色です

 

紺色と白を持っていたので「グレーが良いのでは?」と提案してくださったからです

最近はユニセックスなものも随分と増えていますが
ジャケットには特に素敵に着れる素材の男女差があるように思いました

 

 

取りに行かせて頂いたときの2ショット

前ボタンを留めた上に手を組んでるので謎のかしこまり感…
(ゴルフコンペの時の優勝トロフィーを渡す人みたい)

清水さんは、とっても素敵にジャケットを使ったコーデでカジュアルダウンされていました
インナーはUNIQLOのポロシャツでダメージの入ったストレートデニム

私が男性だったらこういう着こなしをしたいーーー!といつも憧れて拝見しています

ジャケットはケア方法を教えてくださったり
アフターメンテナンスなどもしてくださいます

別途で、着こなし方のスタイリングブックも作ってくださるので
一人でコーディネートできるようにされています

清水さんのジャケットやジャケットを着る方への愛情をとても感じるジャケット

こういったものを見て、感じることによって
そうじゃないもの(何となく作られた洋服)というものがすごくよくわかるになります

何となく作られた洋服を何となく買っていた時には気づけなかった所です

 

自分に似合うもの、好きな着こなしに出来るもの、なおかつ作り手の思いが込められたものが
私は大好きなものなんだなぁと実感しました

 

この日のコーデ

FRED PERRY(フレッド ペリー)のポロシャツに
moussy(マウジー)のワイドデニムを合わせたカジュアルスタイルにしました

 

ポロシャツはボタンを開けて着ると途端におじいちゃん感が出るで
きっちり上まで留めて着るのがコツです

 

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事