Profileプロフィール

宮本 彩(みやもと あや) 1985年生まれ

20代前半に洋服店に勤めていました。その時には、スキニーデニムが大流行していました。その時、ぽっちゃりしていた私は、まず履くことさえ出来ず、とてもオシャレに着こなしているひとを見て
「痩せたら絶対きたい」と思いダイエット!ですが、痩せて履くことはできたけれど、なんだか太って見える…そんな疑問を抱きながらも勢いだけで着ていたように思います。

仕事においては、洋服のたたみ方、挨拶においては、マニュアルがあるものの、自身が着る洋服のコーディネートや細かい接客部分は個人のセンスやスキルが必要。
悩まれているお客様への提案も何からお伝えしたらよいのかを感覚的にしか伝える事が出来ずもどかしい思いをしていました。

22歳で結婚し、27歳で初めての出産。

まずは、妊娠中、つわりがひどくて洋服どころではなくなる…
ヒールの靴がお出かけには必須だったのに、
急にペタン子靴やスニーカーを履くようになり、似合う靴もペタ靴で合う服装もわからない…
つわりが落ち着いたころには、服が入らなくなっている…
マタニティースタイルを本にされていた梨花さんの真似をしたものの、私が着たらビールを飲み過ぎてやさぐれたサーファーみたいになる…
大好きなファッション誌をいつも見ていた生活からのギャップに戸惑いました

産後は、想像以上にお腹がへこむのに時間がかかって、パンツが履けない
授乳をしなくてはいけないので、急にワンピースが着れなくなる

娘が1歳になった時に2人目を妊娠

2人目は、出産までつわり

そうこうしていたら、洋服について考えるブランクは約4年

一通り授乳も落ち着いた時、久ぶりに妊娠前の洋服に腕を通したのですが

鏡を見た時の半端ない違和感

衝撃でした!それから、久しぶりに雑誌を買ってみると
どうやら世の中は「カジュアルスタイル」が流行していました

雑誌にあった「mustアイテム」だったグレーのパーカーにスエットパンツをネットで購入してみたのですが
どう見ても部屋着

「mustアイテム」って誰でもじゃないのでは?
そして、私は「母」として「母らしい服装」にすべきなのでは!?
と思ったりして大迷走していたときに、Facebookで「骨格診断のレッスンを受ける方を募集しています」という記事をみつけて
これだーーーー!

となり、早速受けにいったんです。
「理論的に、似合うものとそうでないものがあるんだ!」とかなり感動したことを覚えています。

その時にレッスンをしてくださった先生にはとても感謝をしています。

 

そこから、これを知りたい人は他にもいるはず!と
6カ月の息子を連れて福岡や東京の先生の所へいき、養成講座を受けました。

 

そこから、「似合う」以外に、「素敵になる」「おしゃれになる」にはどうしたらいいか
自身の写真撮影を通して、模索しながらオシャレを楽しんでいます。

子どもが居るから、主婦だから、年齢が…などの環境は置いておいて
自分はどうだったら楽しいか、幸せと感じるのか

 

ファッションを見直すことによって
自分自身の内面を見直すことにもなります

「あ、人目を気にしていたんだな」
「子供が、と言いつつ本当はファッション面倒だったんだな」
「本当はもっともっとオシャレになりたいんだ」
「可愛いっていわれたいんだ」

など、いろいろな気づきが出てきます

診断などのレッスンを通して、自分をもっとハッピーな気持ちにしてみてください。

 

骨格診断、パーソナルカラー診断を軸にて、お客様の本来のお持ちの特徴を捉えながら、「より素敵な自分」に出会っていただくための提案をさせて頂いています。

2014年12月竹内アン主催 福岡 An mode主催・骨格診断養成講座卒業 2016年3月望月順子主催 東京 Beauty&Manners Academy主催・パーソナルカラーアナリスト養成講座卒業 2016年4月よりパーソナルスタイリストとして本格的に活動開始。 2017月現在150名以上のお客様をご担当、ご利用頂いている ≪セミナー≫ DUコダ ゆいの家・ゆい助産院 ≪メディア≫ 広島テレビ テレビ派 中国新聞Cue インターネットラジオゆめのたね アルパーク広島2019広告