Blog

着てない服の丈を見直してみる

広島 骨格診断・パーソナルカラー診断
パーソナルスタイリストの宮本彩です。

 

 

みなさん、「これ何だか合わせにくい」と
感じているお洋服ってありませんか?

 

何だかバランスがとりにくい…

 

 

これも、骨格タイプ別に素敵に見えるバランスや丈があるからです。

<例>細身のパンツ

骨格ストレートの場合は、
半端な丈が苦手。

なので、ふくらはぎくらいの丈は
脚が太く見えてしまいます。
長すぎて足首に生地がたまっても野暮ったいです。

ヒールを合わせれば、そこまで問題ありませんが
スニーカーやふらっとシューズで合わせるとかなり
残念な感じです。

基本的には、9分丈(くるぶしが見える)が
足が長くすっきり見えるので
自分にとっての9分丈に直すと
着やすくなります。

 

ウェーブの場合は、
きっちり9分丈が苦手。
脚が短く見えます。
(こちらもヒールを合わせればそこまで問題ないです)

なので、8分、7分丈にした方が
脚がスッキリ見えて長く見えます。

パンツを履いて、違和感を感じたら
裾を内側に折って少し短くしてみてください。

 

ナチュラルタイプの場合は、
9分丈は丈が足りていなく見えたり、
さみしく見えます。

靴下を履く。
裾をダブルに直す、ロールアップしてラフにすると
問題ないのですが
そもそも、丈がしっかりないと
ダブルやロールアップが出来ないですから
長めのものを選んでいるようにするといいです。

細かい所を言えばもっと似合うように
素敵にするポイントはありますが
まずは「丈」にフォーカスしてみてください!

 

鏡で見ながら丈を調整していたら
明らかに足のラインがきれいに見える
長く見えるというのがわかります。

 

 

これを見直すだけでも着れる服は
すごく増えます。

もしくは、次は気を付けて購入する。

 

 

お直しに出しても
デニムだったら1000円以下で行ってもらえます。

そのお直しに出す料金が惜しい。
面倒だと思うのであれば
そこまで愛着があるアイテムではない
と、判断して
潔く手放してみましょう。

 

クローゼットを見る度に
「これ着てないから着なきゃ」みたいな
呪縛とはおさらばです。

 

大切な時間は、自分に
クローゼットの余白はお気に入りの洋服に
使いましょう!

 

Lesson menu

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事